土地建物の表示と登記とは

工事現場

土地建物のトラブル対策

東京で自分が所有している土地を子供達に相続させたいと考えている方にとって注意しておきたいことがあります。子供達に相続させるときは土地を分割することになりますが、きちんと測量を行って手続きを終えないと後にトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。このようなトラブルを未然に防止するには東京の土地家屋調査士に相談して手続きをする必要があります。一般的にはあまり知られていませんが土地家屋調査士は相続の土地の測量から分割に関する書類の作成や手続きを行う職業です。土地の分割時の不満が身内のトラブルを引き起こしやすいので、分割するときは正確な測量を行い書類に記録して法務局に申請しておくことが重要です。土地の広さによって相続税が変動してきますので正確な測量から申請手続きは非常に大切です。測量といえば測量士をイメージしますが、測量から書類を作成、申請の手続きは土地家屋調査士が行うことになっています。分割した土地に家を建てた時には土地家屋調査士が土地や建物を調査、測量を行い表示登記という手続きを行います。表示登記とは土地や建物の現況を詳しく調査して書類を作成申請すれば、法務局から表示登記証が発行されます。これは土地と家を取得したときに行う登記登録に必要なものですから大切に保管しておきます。この他には隣家との境界が不明なときは東京の土地家屋調査士に依頼して明確にしておくようにします。土地の境界線をめぐる隣家との争いは禍根を残しやすいので、東京の土地家屋調査士に相談して早めに解決するようにしておきましょう。また土地の分割や農地として使用していた土地を宅地へと変更したい場合も、土地家屋調査士に依頼することができます。